「梅渓」
掛 軸
「梅渓」タイトル

 鎌倉時代後期から南朝時代に活躍した大徳寺の開山・大燈国師の墨蹟は、わが国第一の 名筆として伝えられています。その中でも本作品『梅溪』は、国の重要文化財に指定され たひときわ異彩を放つ逸品といわれます。
 軸装、額装共に最新・最高の高品位カラー印刷を用いて制作し、またその装丁は一流の職人が手作業で仕立て上げておりますので、至上の名品を末長くご鑑賞いただけます。

■大燈国師 (だいとうこくし)
1282年 〜 1337年
鎌倉時代後期の禅僧。京都大徳寺の開山。


■額装仕様
額装寸法 38.5×93.0センチ
本紙寸法 22.0×66.5センチ
額  縁 特製和額、高級アクリルガラス、黄袋、差し込み箱付

■価格:本体85,437円+税

額 装


掛 軸


クリックすると飾った写真が見られます。

■軸装仕様
掛軸寸法 104.0×70.6センチ
本紙寸法 22.0×66.5センチ
表  装 輪ぽ表装茶掛け仕立て
軸   先 天然木目牙木九分
印  刷 高精細FMスクリーンオフセット 7色刷

■価格:本体85,437円+税


所蔵・監修・解説 五島美術館