「雨中漁舟図」
掛 軸
「雨中漁舟図」タイトル

 本品は、(財)徳川美術館秘蔵の水墨山水図を初めて再現したものです。一休禅師は多くの墨蹟を残していますが、この「雨中漁舟図」は、一休自画賛の水墨画として古くから珍重されている逸品です。「乾坤乗小漁舟……」と画賛の詩には一休のめざした<禅の心>が淡々とうたいあげられ、一人の漁夫の姿を通して、一休禅師がみずからの生涯をあらわし、描いた名幅といえましょう。

■一休宗純(いっきゅうそうじゅん)
1394年 〜1481年
「一休さん」として親しまれた室町時代中期の禅僧。京都大徳寺第47世。
ここをクリックすると略歴がご覧いただけます。

掛 軸


クリックすると飾った写真が見られます。

掛軸寸法 135.2×35.9センチ
本紙寸法 58.6×27.3センチ
表  装 風帯付三段表装
軸  先 象牙風白木軸
印  刷 オフセット8色刷
解  説 菅原壽雄(根津美術館館長)
所蔵・監修 財団法人 徳川黎明会/徳川美術館

■価格:本体87,379円+税