「紅白椿」
木版画
「紅白椿」タイトル

限定180部/証明書、番号入り

 鮮やかに、そして華麗に咲き誇る紅白の椿。
 清澄な色彩と力強い描線とがあやなす安田芸術の世界
 歴史画から花鳥画まで、みずみずしい感覚で日本画壇に大きな足跡を残した文化勲章受章の巨匠、安田靫彦画伯。本作品は、色の対比も鮮やかな紅白の花と生々とした葉、そして品格あふれる壷を安定した構図の中に描き、安田画伯ならではの力強い美の世界を表現した傑作中の傑作です。
 「新古典主義」と称される画伯の独創的な画境がこめられた、この晩年の傑作を豪華な額装仕様で、ご鑑賞ください。

■安田 靫彦 (やすだ ゆきひこ)
1884年 〜 1978年
日本画家、文化勲章受章
ここをクリックすると略歴がご覧いただけます。


技  法 手摺り木版画
版数色数 45版70度摺(本金泥を使用)
部  数 限定180部(証書、限定番号入り)
画 寸 法 53.1×40.7センチ
額 寸 法 58.0×71.0センチ
用  紙 越前生漉奉書
額  縁 特注桜材額、布マット、高級アクリルガラス黄袋、タトウ箱つき
監  修 安田建一
原画所蔵 滋賀県立近代美術館

■価格:本体198,058円+税

額 装


クリックすると飾った写真が見られます。