|次へ|
棟方志功 赤不動明王図



棟方志功 -むなかた・しこう- (1868〜1958)
明治36年 青森市に生まれる
昭和27年 スイス・ルガノ国際版画展で優秀賞を受賞
昭和30年 サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展で版画部門の最高賞を受賞
昭和38年 藍綬褒章を受章
昭和45年 文化勲章を受章
昭和50年 72歳で逝去
版画家としてその名を知られる棟方志功ですが、一方で自ら倭絵(やまとえ)と名付けた肉筆画の名作も数多く遺しています。この『赤不動明王図』は、これまで一般に公開されることのなかった、門外不出の秘蔵の名品。まず、その鮮烈な色彩が目に飛び込んできます。特に燃え上がるような赤色は、画伯の情熱や想いがそのまま表現されているかのよう。さらに、不動明王が纏う衣には、緑や紫が用いられ、鮮やかに彩られています。棟方画伯が愛してやまなかった、故郷・青森のねぶたを彷彿とさせる鮮烈な色使いは、まさに画伯の真骨頂です。
仕様・体裁
版面寸法 約30×26.4cm
技  法 リトグラフ(石版画)
用  紙 特漉弐号紙
監  修 棟方 良
証  明 監修者の証明印・限定番号入り証明書
限  定 200部

|次へ|